ネットは匿名性を優先できる

インターネット上での行動は仕事やプライベートと違って匿名で行動できるのがメリットとなることがあります。匿名である有効性が誹謗中傷対策にもなり得るので、ブログやホームページはもちろんSNSなどでも本名の公開は避けたほうが良いかもしれません。ネット誹謗中傷で困るケースでは誰が何をしているのか、それが明確になっていることが多いです。安易に情報を流した結果、後々不都合が生じるといった事が無いようにしましょう。

ネット誹謗中傷の対策

もしも悪評、それに類する記事、コメントなどが投稿された場合は対策を練ったほうが良い場合もあります。個人経営のお店であっても、ネットの誹謗中傷でダメージを負うことがありますし、会社員や学校などでもネットを使っての誹謗中傷が生まれる事があり得る時代です。掲示板などであれば管理人に記事の削除依頼が可能といった事も多いです。また誹謗中傷、風評被害などを専門としているプロもいるので、そちらに依頼して対処してもらうのも良いでしょう。

対処は早い方が良い傾向に

誹謗中傷の対処は基本的には早い方が良いです。これはネット上では情報が広まりやすいこと、第三者が意図的に情報を広める可能性があることなどが原因です。検索エンジンで目立ってしまうと、後々面倒なので早い段階で対策を考え行動することが重要となります。法的措置に訴えることもケース次第では不可能ではありません。対処がわからないといった人には弁護士に助けを求めるといった選択をお勧めします。無料相談も可能な事がありますよ。

ネット誹謗中傷に遭った場合、刑事上の犯罪になるか否かの判断が必要です。名誉棄損などです。刑事上の犯罪にならなくても民事上の不法行為として損害賠償できる場合もあります。警察と弁護士に相談しましょう。