誹謗中傷の昔と今の違い

今も昔も誹謗中傷という言葉はあります。ですが、近年のネット社会は、この誹謗中傷に拍車をかけています。ネットは顔が見えないというデメリットがありますが、誹謗中傷をする上ではこれは最大のメリットなのです。おまけにネットは自分の本名を書かなくていいので、そういう意味でも文句などをいいやすいのです。そういう事だけをかく専門のサイトもある位です。ですが、そういう専門のサイトに書く程度でしたらまだいい方です。

SNSでの問題はなにか

問題なのは、SNSなどで一生懸命に頑張っている人に対しての誹謗中傷です。これは書く方はいいかもしれません。顔も名前もばれないので書きたいことを書きたいだけ書けてしまいます。ですが書かれた方の気持ちになって考えた事があるのでしょうか。おそらく人の痛みが分からない人でしょうね。それか、普段はマジメにきちんとしている人ですが、どうしたものかストレス発散なのか、いきなり書き込んでしまうことも中にはあります。

ネットをどういう気持ちで使うか

ですが、たとえ一回だとしても相手を傷つける行為は正しい行いではありません。それを分かってやっているのであれば、それは犯罪とも言えるでしょう。言われた方がそれがきっかけでトラウマになってしまったら責任を取れますか?社会復帰ができないまでに傷つけてしまうことだってできるのです。ですから、ネットというのは便利な反面とても怖いものです。それを充分に理解した上で使用するようにしましょう。そうすればそこまで傷つかないかもしれません。

ネット上で根拠の無い悪口を書き込まれた際の誹謗中傷対策としては、サイトの運営者に書き込みの削除を依頼することが出来ます。